社会主義協会

社会主義協会は、1951年5月に発足した理論研究団体です。

『研究資料』No.51(2020年11月発行)

分立と地域自治区制度について:櫻井村夫

上越市地域自治区について:牧田正樹

小田原市南足柄市の合併問題を振り返る:石綿俊介

1968年のチェコスロバキアの「プラハの春」:共産主義組織(ドイツ)

戦後の山川均⑨:中江浩

オリンピックは中止すべき:細川正

『研究資料』No.50(2020年9月発行)

マルクス・レーニン主義の志向性と組織的独立性がなければ、共産主義者の党は存在し得ない:アリ・ラッカート

欧州次元の日和見主義:アスター・ガルシア/ラウル・マルチネス

戦後の山川均⑧:中江浩

研究ノート:中国は社会主義か:細川正

第21回共産党労働者党国際会議への報告:イギリス共産党

『研究資料』No.48(2020年5月発行)

「社会的パートナーシップ」の思想とその労働者階級への悪影響:アリ・ラッカート

戦後の山川均⑥:中江浩

研究ノート:社会主義における自由と民主主義を考える:細川正

『研究資料』No.47(2020年3月発行)

君が代・日の丸の強制是正を:澤藤統一郎

戦後の山川均⑤:中江浩

 研究ノート:改定日本共産党綱領を読む:細川正

『研究資料』No.45(2019年11月発行)

『五五年体制と政権交代』を読んで:細川正

東欧諸国における反革命の勝利から30年:田中則子

戦後の山川均③:中江浩