社会主義協会

社会主義協会は、1951年5月に発足した理論研究団体です。

『研究資料』No.38(2018年9月発行)

朝鮮危機における戦争法下の自衛隊の行動と外交防衛政策:武眞幸社会党の衰退と成田知巳委員長:木下真志随筆 世界遺産マイスター:山田敏行本の紹介 『合成生物学の衝撃』:宮下政治

2018.10.6 講演会「現代資本主義と経済の金融化」

===2018年度講演会予定=== 現代資本主義と経済の金融化 ■ 講師 高田太久吉 ■ 日時 10月6日(土)午後2時~5時 ■ 場所 中野ゼロ、学習室2 〒164-0001東京都中野区中野二丁目9番7号 JR中野駅南口から徒歩8分、03-5340-5000 ※ 資料代 500円 講師紹介 たか…

『研究資料』No.37(2018年7月発行)

東京・中野区長選挙はいかにして勝利したか:江原栄昭 小林晃さんを偲ぶ:細川正 本の紹介 牧野裕・紺井博則・上川孝夫編著『複合危機―ゆれるグローバル経済』 :細川正 研究ノート 共産主義(社会主義)と社会民主主義の差異は消滅したのか(上) :田中則子

『研究資料』No.36(2018年5月発行)

マルクス生誕200年記念・再録②『マルクス伝』第13章 資本論:向坂逸郎 研究ノート・社会主義における経済成長と人間の豊かさについての一断想:細川正

『研究資料』No.35(2018年3月発行)

マルクス生誕200年記念・再録① 『マルクス伝』第一章 序説:向坂逸郎 戦後の山川均①:中江 浩 破綻している安倍・黒田金融政策:細川 正

『研究資料』No.34(2018年1月発行)

『資本論』の意義と現代資本主義:神津朝夫 ソ連社会主義の総括:細川正

社会主義協会第50回総会開催

社会主義協会は、2017年11月19日(日)に東京都内で第50回総会を開催しました。 総会に先立ち定例研究会が開催され、細川正代表が「ロシア革命100周年・ソ連社会主義の総括」と題して報告を行ないました。 総会では、年1回、理論研究のための研究集会・講演会…

『研究資料』No.33(2017年11月発行)

『資本論』第一部刊行150周年記念再録 『資本論』の意味するもの:向坂逸郎 連載学習講座 『資本論』第3巻の要約(下):神津朝夫 本の紹介:D・ハーヴェイ『資本主義の終焉』:細川正 社会主義協会規制から40年:田中則子

 『資本論』第一巻刊行150周年記念講演会を開催

『資本論』第一巻刊行150周年を記念し、10月1日に東京都内で「『資本論』の意義と現代資本主義」と題し、神津朝夫氏を講師に迎え、講演会を開催しました。

『研究資料』No.32(2017年9月発行)

生前退位にかかわって天皇制について思うこと:小森龍邦 研究ノート:天皇制の反民主主義的役割と現下の日本国憲法の危機について:細川正 十月革命の歴史的意義:向坂逸郎 連載学習講座 『資本論』第3巻の要約(上):神津朝夫

『研究資料』No.31(2017年7月発行)

連載学習講座 『資本論』第2巻の要約(下):神津朝夫 研究ノート:新自由主義との労働者階級の闘い:細川正

『研究資料』No.30(2017年5月発行)

連載学習講座 『資本論』第2巻の要約(上):神津朝夫 本の紹介:古関彰一『日本国憲法の誕生 増補改訂版』:田中則子 研究ノート:現代資本主義の歴史的・構造的変化と発展段階:細川正

『研究資料』No.29(2017年3月発行)

グローバリゼーションと現代資本主義の規定について:細川正 首相の動向からみた「55年体制」論の試み :木下真志 本の紹介『時間かせぎの資本主義』:宮下政治

『研究資料』No.28(2017年1月発行)

天皇の生前退位発言批判―「リベラル型象徴天皇制」批判の視点から:澤藤統一郎 連載学習講座・付録 『資本論』第1巻のまとめ(下):神津朝夫 研究ノート:現代資本主義の低成長・長期不況の原因を考える:宮下政治 研究ノート:ロシア革命100年の年に:細川…

社会主義協会第49回総会開催

社会主義協会は、11月27日(日)東京都内で第49回総会を開催しました。 総会に先立ち研究会が開催され、細川正代表が「第三期の社会主義運動」と題して報告を行ないました。 総会では、「14年12月の第47回総会で社会主義協会を再建して2年間が経過しました。…

『研究資料』No.27(2016年11月発行)

「労農」派マルクス主義勢力の解体をどうみるか:中江浩 本の紹介:『現代と『資本論』』:細川正 連載学習講座・付録 『資本論』第1巻のまとめ(上):神津朝夫

『研究資料』No.26(2016年9月発行)

参院選の結果と今後の政治課題:五十嵐仁 本の紹介:丸山恵也・他編著『経済成長の幻想』:細川正 連載学習講座・最終回 『資本論』第7編 第24章:神津朝夫

『研究資料』No.25(2016年7月発行)

政党の論理と共闘の論理:細川正 本の紹介:井村喜代子著『大戦後資本主義の変容と展開』:細川正 連載学習講座23回 『資本論』第7編 第24章:神津朝夫

『研究資料』No.24(2016年5月発行)

発表されたTPP協定を農業の視点から見る:大須眞治 連載学習講座22回 『資本論』第7編 第23章:神津朝夫 本の紹介:佐々木憲昭『財界支配 日本経団連の実相』:細川正

『研究資料』No.23(2016年3月発行)

社会主義協会の『新宣言』を巡る対応についての一考察:細川正 連載学習講座21回 『資本論』第7編 第23章:神津朝夫 本の紹介:倉沢愛子『9.30世界を震撼させた日』:田中則子

『研究資料』No.22(2016年1月発行)

連載学習講座20回 『資本論』第7編 第22章:神津朝夫 本の紹介:高田太久吉著『マルクス経済学と金融化論』:細川正 本の紹介:鶴田満彦・長島誠一編著『マルクス経済学と現代資本主義』:細川正 今日の国家独占資本主義を考える上で思うこと:田中則子

社会主義協会第48回総会開催

社会主義協会第48回総会が、11月22日(日)東京都内で開催されました。 総会開催前に研究会を開き、細川正代表が「世界資本主義の現段階」について1時間半、報告し、現在の資本主義経済の状況について討議を行ないました。 『研究資料』(隔月刊)の発行、東…

『研究資料』No.21(2015年11月発行)

連載学習講座19回 『資本論』第7編 第21章:神津朝夫 研究ノート:戦争法成立後の政治情勢と課題:細川正

『研究資料』No.20(2015年9月発行)

講演録「ポツダム体制」と戦後政治 ― 集団的自衛権の問題点:浅井基文 資料・ポツダム宣言、終戦詔書、降伏文書 連載学習講座18回 『資本論』6編 第19章、第20章:神津朝夫

『研究資料』No.19(2015年7月発行)

ギリシャの国民投票結果とギリシャ問題を考える:細川 正 本の紹介 星乃治彦『台頭するドイツ左翼』:田中則子 連載学習講座17回 『資本論』第5巻16章、第6巻17章:神津朝夫

『研究資料』No.18(2015年5月発行)

全中・農協つぶしの農協改革関連法案:青木義隆 地域循環型経済の創出と農協の役割:大須眞治 紹介と論評 福永文夫・河野康子編『戦後とは何か』:木下真志 連載学習講座16回 『資本論』第1巻14章・15章:神津朝夫

『研究資料』No.17(2015年3月発行)

ウクライナの危機:編集部 翻訳資料 ウクライナ危機とウクライナ共産党 連載学習講座15回 『資本論』第1巻13章:神津朝夫

『研究資料』No.16(2015年1月発行)

社会主義協会の歴史と継承:細川 正 戦後(政官財)保守政治と地方自治:江原栄昭 連載学習講座14回 『資本論』第1巻13章:神津朝夫

社会主義協会規約

第1条 本団体は社会主義協会(以下、本会と略す)と称す。 第2条 本会はマルクス・レーニン主義を研究し、社会の進歩に貢献することを目的とする。 第3条 本会は、会員を構成員とする。規約を認め、所定の会費を納め、その条件に応じて活動をおこなう人は会…

社会主義協会第47回総会(科学的社会主義研究会第3回総会)報告

社会主義協会の再建を期して2012年5月に発足し活動を続けてきた科学的社会主義研究会は、12月7日に東京都内で第3回総会(社会主義協会第47回総会)を開催しました。総会において、科学的社会主義研究会の名称を変更し、社会主義協会を再建することが決定され…